期待が持てるケアマネの求人

おすすめ記事転職時の注意点

ケアマネの意義

ケアマネージャーという職種が誕生した平成9年度から介護保険制度は導入されました。ケアマネージャーの仕事は、介護が必要な方と病院や介護施設を結ぶ大切な仕事です。その方に合った適切なケアプランを作成してより良い介護が受けられるようにします。そのようなケアマネージャーの仕事は近年とても重要視されていて、人材確保が事業所のテーマにもなっています。今後増々期待をされている介護職の1つですので、社会的地位もさらに高くなって行きますから、将来には期待が持てるでしょう。

  • どのようにして誕生したか

    どのようにして誕生したか

    高齢者が増え家族だけでは介護をすることが難しくなったため行政が介護のサービスを提供しました。しかしそのサービスを受ける為には面倒で複雑な手続きを踏まなければならなく、介護保険制度なども絡んでより複雑なものになってしまい、本当であればサービスを受けることが出来る高齢者の方がサービスを拒否するまでになってしまいました。そうした現状を打開する為に高齢者と介護保険制度の間に入りその方に適切なケアプランを作成して円滑なサービス提供をする為に誕生したのがケアマネージャーです。

    つづきをみる
  • 今の状況と将来性について

    今の状況と将来性について

    ケアマネージャーは資格を取得した後も、更新や研修を受けることが必要ですので1度資格を取得してもケアマネージャーとして働き続けることが難しい職業でもあります。給料面でも介護職の中では低くありませんが、仕事量などを考えると仕事の対価として頂戴する給料に満足していない方が多いようです。しかし高齢化が進む近年ではケアマネージャーの存在が重要視されています。ケアマネージャーの人材確保はどの事業所でもテーマになっています。

    つづきをみる
ケアマネの意義

ケアマネージャーの魅力について

自分の目指す介護はありますか?介護業界にはケアマネージャーという仕事があります。家族の方に代わり利用者のケアプランを代行して作り、自分らしい生活を送れるよう支援します。では、ケアマネージャーの魅力とはなんでしょうか。一緒に考えていきましょう。お問い合わせはこちらから。