ケアマネとして転職する時の注意点

おすすめ記事苦労する部分もある

転職時の注意点

転職時の注意点

介護職の中で利用者の方に最も影響がある業務を担っているのがケアマネージャーの職種です。ケアマネージャーはどの事業所でも欲しい人材ですが、その事業所によって待遇は様々あり、仕事量も変わって来ます。自分が求めている仕事が出来ない時は転職を考える方も多く、転職活動をするにしても方法は色々あります。自分を必要としていて、自分が目指す介護が出来る職場を探しましょう。

ケアマネージャーが転職を考える時

ケアマネージャーの給料は介護職の中でも高額でトータルで考えると月収は30万円を超えます。これは介護職の中では最高峰の収入です。これだけ高い給料を得ることが出来ているのになぜ転職を考えるのか?と思う方も少なくないと思います。しかし、人間関係が上手く行かない方や、膨大な仕事量にも関わらず給料面が少ないと思う方、自分が目指す介護が出来ないなど、転職を希望するケアマネージャーの理由は様々あります。基本的に職場環境の改善を求めて転職を考える方が多いです。

転職先を探す場合は運営法人に注意する

良い職場を探すのに大切なことは運営法人です。運営する法人にはそれぞれに特徴があります。社会福祉法人、医療法人、NPO法人、株式会社などがあり、新規の利用者の方の獲得はケアマネージャーの仕事です。営業成績を求められる株式会社などは売り上げが全てですから、売り上げ向上を求められ、プレッシャーがかかることでしょう。社会福祉法人や医療法人であれば、新規利用者の方獲得に切迫するとはないですから、上からのプレッシャーを感じることは少ないでしょう。

給料を判断材料にするのであれば年収に注目

転職の理由として収入は重要なところです。どのくらいの収入が得られるのかは面接を受けるまでわかりません。月収いくらなどの情報があったとしても、そこだけに捕われずに総年収で判断することが大切です。

介護サービス情報公表システムを利用

厚生労働省がサイト上に公表している介護サービス情報公表システムを利用することで過去の実績がわかります。ケアマネージャー1人当たりの担当する利用者の方の人数がわかりますから利用価値は高いでしょう。

求人の探し方

ケアマネージャーの仕事はあらゆる方法で探すことが出来ます。専門性の高い職種ですから多数の求人があります。しかし、一般求人を探してもなかなかより良いケアマネージャーの求人を見つけるのは難しく、時間がかかることが多いです。

転職エージェントがおすすめ

ケアマネージャーの求人を探すなら専門の転職エージェントを利用すると良いでしょう。介護に特化した転職エージェントが自分が希望をする働き方が出来る求人を探してくれますから大変便利です。注意点としては地域に偏りがあるため地方の求人を探す場合には、自分が希望をする勤務地の求人を扱っているかどうかを確認して下さい。

ケアマネージャーの魅力について

自分の目指す介護はありますか?介護業界にはケアマネージャーという仕事があります。家族の方に代わり利用者のケアプランを代行して作り、自分らしい生活を送れるよう支援します。では、ケアマネージャーの魅力とはなんでしょうか。一緒に考えていきましょう。お問い合わせはこちらから。