ケアマネの仕事内容とは

おすすめ記事苦労する部分もある

仕事内容と一日の流れを知る

仕事内容と一日の流れを知る

ケアマネージャーの業務はどのようなことをするのか、実際の現場での仕事の流れはどのように進行して行くのか、そのようなケアマネージャーの仕事内容を1日の流れを考えながらご紹介したいと思います。

主な仕事内容

ケアマネージャーの主な仕事は介護が必要な高齢者の方の生活を支援することです。利用者の方が自立出来るようにお手伝いをするのが重要です。何でもしてあげることではなく出来ないことをサポートすることが大切です。利用者の方の本位の支援をして行くことがケアマネージャーにとって大事な心構えです。
ケアマネージャーとしての最も重要になる業務がケアプランの作成です。ケアプランとは利用者の方に介護サービスの説明をすることと、スケジュールを組み立てることです。介護保険制度を熟知しその方に適したケアプランを作成することがケアマネージャーの仕事でありケアマネージャーにしか出来ない仕事でもあります。

安心して暮らすことが出来る環境作り

当然ですがケアマネージャー1人では利用者の方の介護は出来ません。ケアマネージャーは利用者の方が安心して生活を送ることが出来る環境作りをすることが大切な業務です。ケアマネージャーを取り巻く環境に介護を必要としている本人とその家族、地域の支援センター、介護保険事業者、病院などの医療機関、民生委員、ボランティア団体、医師、看護師、障害者相談所など多くの機関が関わっています。これらの機関を利用して利用者の方の生活環境を整えて行くことが、ケアマネージャーに求められます。

ケアマネージャーの1日の仕事

出勤をしてまず始めにメールをチェックや郵便物の確認をします。電話対応、関連先の相談業務をし、要介護認定の書類作成の代行業務、ケアプランの作成事務作業をします。近隣の施設、病院などへの挨拶回りや利用者の方のご自宅に訪問をします。事務処理などが1日の仕事になります。

居宅介護と施設介護の違い

居宅と介護施設では業務内容が異なります。介護施設で働く場合は利用者の方がそこにいますから、体調の確認をして1日の計画を立てて行きます。居宅介護の場合は利用者の方がそこにいませんので予め決めてある訪問日に合わせご自宅を訪問してモニタリングを取ります。ケアプランを作成する面では同じですが内容には違いがあります。介護施設で働くケアマネージャーは他の業務を兼任することが多く、人手が足りなければ夜勤をすることもありますからケアマネージャー業務だけに専念することは難しいでしょう。居宅介護には快適な在宅生活を送る為のケアプランが必要です。

おまけ

ケアマネージャーの仕事をする上で役立つグッズやアプリをご紹介します。もしご興味あれば、参考にしてください。
まずは、「ケアマネ一年生の教科書 新人ケアマネ・咲良ゆかりの場合」という漫画です。
ケアマネージャーとして働く為のアレコレが漫画になっていますから楽しみながら学ぶことが出来ます。

ケアマネ一年生の教科書 新人ケアマネ・咲良ゆかりの場合 ケアマネ一年生の教科書 新人ケアマネ・咲良ゆかりの場合

次に、「シフトカイゴ 介護福祉士・ケアマネ・介護士シフト管理表アプリ」をご紹介します。
当サイトがおすすめをする介護士シフト管理表アプリです。このアプリを利用して仕事にお役立て下さい。

シフトカイゴ 介護福祉士・ケアマネ・介護士シフト管理表アプリ シフトカイゴ 介護福祉士・ケアマネ・介護士シフト管理表アプリ

ケアマネージャーの魅力について

自分の目指す介護はありますか?介護業界にはケアマネージャーという仕事があります。家族の方に代わり利用者のケアプランを代行して作り、自分らしい生活を送れるよう支援します。では、ケアマネージャーの魅力とはなんでしょうか。一緒に考えていきましょう。お問い合わせはこちらから。