責任あるケアマネージャーの日常

おすすめ記事転職時の注意点

ケアマネの日常

ケアマネージャーの業務はたくさんあります。ケアプランの作成が最も重要な業務ですが、実際に直接介護支援をする方もいます。ケアプラン作成の為に関連先の相談業務もあり、居宅であれば訪問をしてモニタリングするなど業務もあります。利用者の方からは介護支援を通して大変頼りにされる存在ですから信頼されますし感謝されるのでやりがいになるでしょう。新しい業務としては法改正があり地域の連携が期待されているため、地域のケア会議が義務づけられたことがあります。

  • やりがいを感じる瞬間とは

    やりがいを感じる瞬間とは

    ケアマネージャーとしてのやりがいになることは何でしょうか。ケアマネージャーは利用者の方の介護支援をし、活き活きとした生活を送ってもらうことが重要です。利用者の方の中には体力の低下や病気などが理由で気持ちが落ち込んでいる方も多くいます。ただ支援するだけでなく利用者の方の心のケアも大切な仕事です。相手の立場になって支援をしていくことが出来れば利用者の方はもちろん、そのご家族の方からも感謝されますから、やりがいになるでしょう。

    つづきをみる
  • 苦労する部分もある

    苦労する部分もある

    ケアマネージャーになる為にはスキルを磨き資格試験に合格しなければなりません。介護職の分野の専門家ですから周囲からは信頼をされて期待されることが多いケアマネージャー。しかし、期待をされて頼りにされる分だけ仕事量は多く、周りのケアマネージャーとも連携を取ることが必要になりますし、自分の許容範囲を超える仕事量が来ることもありますから、楽な仕事とは言えません。また、法改正もあり地域の連携が期待されている昨今では地域のケア会議が義務づけられたことによりさらに仕事量は増えています。

    つづきをみる
  • 仕事内容と一日の流れを知る

    仕事内容と一日の流れを知る

    ケアマネージャーの1日の流れはどのように進んで行くのかをご紹介します。ケアマネージャーにとって一番重要な業務がケアプランの作成です。利用者の方にあった介護支援を考えなくてはなりませんから1日の作業はケアプラン作成の為に時間を使います。電話対応、関連先の相談業務、要介護認定の書類作成代行業務をして適切なケアプランを作成していきます。利用者の方の体調チェック、居宅であれば訪問をしてモニタリングを取りその都度、必要なケアプランを考えるのがケアマネージャーの業務です。

    つづきをみる
ケアマネの日常

ケアマネージャーの魅力について

自分の目指す介護はありますか?介護業界にはケアマネージャーという仕事があります。家族の方に代わり利用者のケアプランを代行して作り、自分らしい生活を送れるよう支援します。では、ケアマネージャーの魅力とはなんでしょうか。一緒に考えていきましょう。お問い合わせはこちらから。